2014年1月1日 のアーカイブ | 姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法~韓国語が話せるようになる方法~

姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法を実践された方の感想(3)

~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

 
 
~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

山崎博夫様

今まで、韓国には何十回と行きましたが全く韓国語はわからない状態でいました。

しかし、仕事の関係で韓国にかかわる事も多くそのため、韓国語教室に通ったり、良い教材がないかと何年も探していたとき、この教材を見つけ駄目元のつもりで始めました。

そして、この教材を使って行くうちに、今まで、韓国語の習得に何回も挫折していた理由がわかりました。

その理由は、今までの学習方法が面白くなかったからです。

闇雲にハングル文字を覚えたり、決めつけられた例文を覚させられる学習は、退屈であり、苦痛でした。

私のように記憶に自身がない中年にでも、この教材には随所に【覚えるコツ】が紹介されていて、初めて知る内容でした。

この教材は、ネイティブの韓国語が実用的な言葉で収録されているので、特に旅行好きの私にとっては、旅先で学んだハングルを応用するのが楽しみになりました。

付属の特典には、パッケージツアーでは知ることの出来ない韓国の情報が盛りだくさんでこの特典だけでも満足のいく情報でした。
 
 
>>たった42日間で韓国語が上手くなる方法公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法を実践された方の感想(2)

~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

 
 
~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

渡部奈菜様

私は、以前より韓国に関心がありましたが、韓国にはまだ行ったことはありません。

そして、今までもいくつかの韓国のドラマを見てきましたが、だいたい吹き替えか、字幕で見ていましたので、字幕がなくても見れるようになれば面白いなと思っていました。

そして、書店などで韓国語の本を色々見てみましたが、どれも難しく、分かりづらい本ばかりでした。

そんな時に先生の教材に出会い、見てみると韓国ドラマや旅行を楽しめるように、韓国語が分かりやすく書かれておりました。

これなら、挫折しないで韓国語がしゃべれるようになるんじゃないかと思い、学習を始めてみました。

すると、最初はやっぱり意味が分からなかったのですが、だんだん、文字を読むコツ等がつかめてきました!

そしてさらに学習を進めていくと、ドラマのセリフがなんとなく字幕や吹き替えなしで分かるようになってきました!

これなら、韓国語が話せるようになるのも夢ではありません。

今まで挫折続きだったので、すごくうれしかったです。

そして、いつか韓国に旅行に行き、韓国語で話すことを目標にしています。

ありがとうございました。
 
 
>>たった42日間で韓国語が上手くなる方法公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法を実践された方の感想(1)

~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

 
 
~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

宇根 勇一様

私にとって、最大の違和感はあの「ハングル」に対してでした。韓国語は語順が日本語とほぼ同じです。

韓国映画に慣れ親しんでいるので(吹き替えは無意味です)話し言葉にはあまり違和感はありませんでしたが、ハングルは私にとってまさしく”暗号”でした。

私は頻繁に東京の大久保にある「コリアン・タウン」に出かけるのですが、「ハングルが読めない!」ことがたいへんなストレスでした。

日本語が併記してはあっても、目の前の字が読めないのが何ともいらだたしかったのです。

この教材では、ハングルを整理して憶えられることはもちろん、あの”暗号”にも、目で見てわかるちゃんとした”意味”があることを教わりました。

おかげで同時に発音もバッチリ憶えることができました。

発音は、特に●●●●を使った練習が優れていると感じました。

私たち日本人にとっても、外国人が話す日本語が多少下手でも、発音の特徴をつかんだ話し方をする人にはなんとなく親近感を感じてしまうものです。

だから発音は重要だと思います。

この教材は、むしろボリュームが膨大でないところが良いと思います。

一日分のカリキュラムがひじょうに簡素です。

これならばわずかの空き時間でも無理なく学習が進んでいきます。

”誤ったやり方”で何年勉強するよりもはるかに早く韓国語がマスターできるのがこの教材です。

考えてみてください。

外国に仕事に行く人、外国に留学する人は、何年もかけて外国語をマスターするのでしょうか。

そんなことでは外国へ行く意味がありません。

外国語習得には、正しいやり方とそうでないやり方があるのです。

「韓国ドラマの”あの”俳優の韓国語が聞き取れるようになりたい!」というあなたには、いちばんにお勧めできる韓国語マスター教材です。
 
 
>>たった42日間で韓国語が上手くなる方法公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法~韓国語が話せるようになる方法~ TOP » 2014年1月1日 のアーカイブ