2014年9月 のアーカイブ | 姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法~韓国語が話せるようになる方法~

姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法の内容について(5)

~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

 
 
~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

「この人と同じ空間にいたなんてウソみたい・・・;;」

ファンミが終わった後、さらに韓流ブームが私の中で高まり、ドラマを見てはもちろん号泣。

特にキム・ミンジュンさんが出ている雑誌は穴が開くんじゃないかというくらい読み漁り、自分の部屋だけだったポスターもとうとうリビングにまで進出していました。(笑)

それでも・・・ファンミの時の重い気分やショックがなくなっていたわけではありません。

「頑張っても頑張っても・・・また聞き取れなかったら・・・」

そう思うとなかなか腰が上がらずに、ただドラマや映画を楽しむ一ファンとしての時間だけが過ぎていきました。

そんなある日、本屋さんへ行くと、ある本の見出しに目がとまりました。

“人気韓流ドラマで学ぶハングル講座”

そうです、その中に大好きなドラマが入っていたんです。

「やっぱり韓国語を話せるようになりたい!」

ただ “韓流ドラマで学ぶ”は先ほどお話しした通り挫折を経験していますので^^;

「頑張って本格的に勉強しよう!」とこの時、決意しました。

それからというものの、NHKのハングル講座も見るようになり、本もパッと開けば自分が勉強しているページが開くくらい、繰り返し特訓していました。

でも・・・ここにもある問題があったんです。

よく見ていたハングル講座は、出来る限り見るようにしていましたが、色んな約束があったり、子供が風邪を引いたりすると見逃してしまうこともありました。

そうなると再放送を見ようと思っていたんですが、再放送は早朝のみで夜、子供が寝てから時間が許すかぎり勉強していたので、再放送に合わせて早起きするのがなかなか辛かったんですよね。

こうして何度か見逃していくと続けていく気持ちが薄れてしまって、気付くとそのまま見なくなってしまいました。

ただ参考書や問題集は「よくわかんない~・・・」と悪戦苦闘しながらも夜、子供が寝てから毎日欠かさず時間をとって勉強していました。

でもこの勉強も、なかなか集中してできないんですよね・・・

夫が仕事を家に持ち帰ってきた時なんかは、パソコンのマウスをクリックする音やキーボードを打つ音が気になったり、しまいには時計のカチカチ・・・という音まで気になって気になって・・・^^;

最終的にはヘッドフォンをつけて自分の世界に入り込み、発音の違いを聞き取ったりしていました。

こうして以前よりも勉強に力を入れてみたものの、「本当にこれでいつか話せるようになるの?」と言う不安が拭い去れず、とうとう韓国語教室へ通う事にしたんです。
 
 
>>たった42日間で韓国語が上手くなる方法公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法~韓国語が話せるようになる方法~ TOP » 2014年9月 のアーカイブ